料理研究家小山有希のプロフィールページ

小山有希プロフィール

出版記念!アマゾンキャンペーン実施中!!

出版記念でアマゾンキャンペーンを実施しています! 料理研究家小山有希 豆乳ヨーグルト キャンペーン

小山 有希 プロフィール

料理研究家
小山 有希 (こやま ゆき)

 

料理研究家小山有希

 

日本料理屋を経営する両親を持ち、幼少から料理に親しみ、日本料理の基本を学ぶ。
また、祖父母は蕎麦屋・義祖父母は和菓子屋を経営するなど、代々食に携わる仕事をしている。

 

美味しいはもちろん、『病気になりにくい心身を作り、健康を維持する』レシピを提供するべく、
料理研究家として活動中。

 

美味しく食べて健康に近づける医食同源をモットーとしたレシピを得意とし、
栄養バランスはもちろん、味にも見た目の美しさにも定評がある。
現在、雑誌掲載やテレビ出演など、幅広く活躍中。

 

また、料理研究家として活動するかたわら、人気パン教室「料理研究家小山有希のパン教室」を主宰。
無添加で、美味しい・楽しい・体に良いパン作りをモットーとし、
初心者でもわかりやすい丁寧な指導法でパン作りが上達すると好評。

 

1978年生まれ。1男1女、2児の母。

 

 

 

 

 

保有資格

 

・薬膳アドバイザー

 

・ハーブコーディネーター

 

・食育アドバイザー

 

・パン講師

 

・食品衛生取扱責任者

 

 

 

 

こうして料理研究家に

 

幼稚園で自分の包丁を手にし、色々な料理を作っては遊んでいました。
父の厨房でこっそりと最初に作ったのはコロッケ。
きっといびつで味付けもままならなかったでしょうが
「美味しいよ」と食べてもらえたのを今でもはっきりと覚えています。

 

小学校に入ってからは宿題が終わったら野菜切り。
大根1本を千切りにする生活を送っていました。
(当時はそれが当たり前でしたけれど!)
当時の私にとってはかなり大変でした。でも楽しかったかな。

 

ただ切るのではなく、太さはもちろんのこと長さや大きさをそろえたり、
きちんとお客さんに出せるくらいにならないと
切っても意味がないことを教わりました。
太さにばらつきがあると、見た目が悪いのはもちろん、味が均一にならず
美味しさにも欠けたものとなるんです。

 

最初に切り出した大根と最後のものの太さが違うと、
もう一度最初から新しくやり直すはめになります・・・。
だから、早く終わりたかったら多少時間がかかっても
1本を丁寧に切り通すことを目標にしていました。
そう気がついて、やっと全てがきちんと整って切れるようになるまでに
何十本もかかったと思います。

 

その練習用の大根はお客さんには出せないので、
大根料理が続いたりにんじん料理が続いたり(笑)。
自分の舌でも味のばらつきや食感の悪さを感じられたので
今思うとありがたかったですね。

 

また、色々な野菜の飾り切りを教えてもらったり、
だしの取り方はもちろん、素材によってだしを変えたりなど、
繊細な味を自分の舌で教わりました。
母の味と父の味とでは同じ作り方でもやっぱり味が微妙に違うんですよね。
子供ながらに「不思議だな〜^^」とかも実感しました。

 

自宅での食事にもきちんと盛り付けが施されていて、
季節のものはいち早く、先駆けて食卓に上がりました。
家庭の食事はいつも母が用意してくれていたので、特別な日だけではなく
「普段の食卓から季節のものを取り入れる」という考えは、
母のおかげで自然と身につきました。
そして、今でも母は私の家庭料理における一番の先生です。

 

そんな時代を経ても私は料理人にはならず、
大学ではダブルスクールをし
公認会計士の勉強に明け暮れていました。

 

でも、結婚、出産を期に自分の道を考え直すことに。

 

「自分も楽しく、そして家族もハッピーになれる事って何だろう。」
と考えた時に、やはり料理の道に進みたいと強く思いました。

 

そうして、料理研究家の道を歩むことになったのですが
私の目指す「体に良い、健康になれる料理」を作って広めたい!
と思ったきっかけが、また別にあります。

 

実は、私は結婚前に初期の子宮頸がんになり病院に通っていました。
でも、手術はせず食事療法を続けたり、
いつも楽しいことを続けていられたおかげで気がつくと完治していました。
当時笑顔で過ごせるように支えてくれていた大切な人たちには
本当に感謝しています。

 

今も毎年の定期健診は必ず受けていますが、元気な子供も二人授かりました。
その間にも授かった命がお腹で大きくなれなかったりと何度も涙した経験もありますが、
今は本当に幸せな時間だなと思っています。

 

だから、私は少しでも料理を美味しく食べて健康に近づけるよう、
病気の方やその周りで支える方の助けにもなれるよう、
料理研究家として活動させていただいています。

 

お母さん(お父さん)が子供や家族の体調に合わせて料理をする。
これはまさしく医食同源。
お母さん(お父さん)が一番のお医者さんだと考えています。

 

「身土不二」「一物全体」「食の陰陽」「医食同源」などの
薬膳的な東洋医学の考えをベースに、食のトータルバランスを考え
西洋医学の考えも取り入れた「食べ合わせ」や、「食材の持つ効能・効用」を
効率的に摂れるような、アレンジレシピが得意。

 

 

コンセプト

 

・『病気になってから治すことより、病気になりにくい心身を作る。』
・『病気を予防し、健康を維持する』

 

という考えのもと、

 

『予防医学は食卓から』をコンセプトにレシピを製作しています。

 

 

 

 

お仕事の依頼はこちら

 

料理研究家 小山有希へのお仕事の依頼はこちらからお待ちしております。
料理研究家小山有希6
(問合せフォームが開きます。)

 

24時間受け付けておりますので、ご質問でも何でも構いません。
お気軽にこちらからご連絡いただければ嬉しいです。

 

 

 

出版記念!アマゾンキャンペーン実施中!!

料理研究家小山有希 豆乳ヨーグルト キャンペーン

ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール メディア掲載実績 お仕事の依頼 お問い合わせ アマゾンキャンペーン